254873

 本会は曹洞宗の政策集団です。宗門興隆を願う皆様の建設的なご意見をお寄せ願います。
 宗侶の皆様で県名・寺院名・氏名などをご記載いただいた内容は可能な範囲で真摯に対応いたしま すが、お応えできない事項もございます。
 投稿者は氏名のみ掲載させていただきます。匿名あるいは確認できない場合は投稿文を保管し、ご 提案は宗務に反映できますよう努めます。寺族の皆様、宗侶外の皆様のご意見もお受けいたします。
 なお、誹謗中傷、公序良俗に反するもの、本欄の意図にふさわしくない内容などは、削除させていき、 削除に伴う損害などは、当方は関知いたしません。
 ご要望はメール(お問い合せ欄)でもお受けします。

掲 示 板
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [保守用] [管理用]
おなまえ
県名   寺番   寺院名
Eメール
タイトル
コメント
暗証番号 (自分の投稿文を削除する時の暗証番号。英数字で8文字以内)
投稿No (セキュリティのため投稿時 投稿キー を入力してください)
文字色

一様 投稿者:有道会広報 投稿日:2013/08/10(Sat) 01:57 No.348   
一様より投稿いただきましたが、
本欄の使用目的とは異なりますので削除いたしました。
有道会広報

一檀家様 投稿者:有道会広報 投稿日:2013/06/23(Sun) 12:35 No.346   
一檀家様より投稿いただきましたが、
本欄の使用目的とは異なりますので削除いたしました。
有道会広報

提案と質問 投稿者:地方寺院 投稿日:2013/02/27(Wed) 06:58 No.338   
意見
議員の調査報告書を開示して裁判は終わろう。
多々良学園訴訟は引き続き裁判を続けることになりました。この方針ですと最高裁まで続けられる可能性があります。
以前、議員の調査報告書を見たことがありますが、その時「宗門関係者の責任はある」と感じました。そして、その調査書は証拠として採用されました。もはや裁判の帰結を待つまでも、公開する資料と思います。
この調査書を公開すれば、宗門人はこの裁判を継続することに疑問を持つと思います。
長期の裁判は利息の加算だけであり、宗門に有利な判決は期待できないと思います。
質問
有道会の方針はどのようなものか
有道会が顧問弁護士を弁護団に送ったと聞きました。今後、有道会の意見も反映されると思いますが、有道会はどのような方針を持つのでしょうか。

Re: 提案と質問 - 有道会広報 2013/03/08(Fri) 17:09 No.339
ご意見をありがとうございます。
『お知らせ・予定』のページ 2013/01/25付けにおいて、「多々良裁判に関する有道会の姿勢」を発表しておりますのでご覧下さい。

銀行側(原告)の控訴により、訴えられている方から裁判を終結させるという選択肢はなくなりましたので応訴するのではなく、判決を不服として二審にあたること、仮執行宣言の執行停止申立て手続が必要となったこと、などにより控訴手続が行われました。
なお、有道会・總和会からの要請によって一審訴訟代理人は再編成され、控訴審には両会派の顧問弁護士も参画することとなりました。会派の意見や要望が裁判に活かされるように、また裁判の進捗状況を宗議会議員が周知できるように活動してまいります。また、早急に本件を検証究明するため第三者による調査委員会を設けるなど、必要な措置を講じるよう求めてまいります。

今後も真摯に対応いたしてまいりたく存じますので、引き続きご意見、ご指摘をお願いいたします。
有道会広報




一檀家様 投稿者:有道会広報 投稿日:2013/02/22(Fri) 12:21 No.336   
一檀家様より投稿いただきましたが、
本欄の使用目的とは異なりますので削除いたしました。
有道会広報

旧多々良学園裁判 投稿者:有道会広報 投稿日:2013/01/19(Sat) 11:14 No.329   
一檀家様より旧多々良学園裁判に関する共同通信配信記事の転載がありました。
当欄は転載欄ではありませんので、削除いたしました。
なお、1月22日に全宗会議員を対象に説明会が予定されています。その説明をまって、必要な掲示をいたします。
また、原告銀行の認容されました賠償額(有道会試算)は 本ホームページ「お知らせ・予定」に掲載いたしています。
有道会広報

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27]

自分の投稿文処理 記事No 暗証番号