254873

 本会は曹洞宗の政策集団です。宗門興隆を願う皆様の建設的なご意見をお寄せ願います。
 宗侶の皆様で県名・寺院名・氏名などをご記載いただいた内容は可能な範囲で真摯に対応いたしま すが、お応えできない事項もございます。
 投稿者は氏名のみ掲載させていただきます。匿名あるいは確認できない場合は投稿文を保管し、ご 提案は宗務に反映できますよう努めます。寺族の皆様、宗侶外の皆様のご意見もお受けいたします。
 なお、誹謗中傷、公序良俗に反するもの、本欄の意図にふさわしくない内容などは、削除させていき、 削除に伴う損害などは、当方は関知いたしません。
 ご要望はメール(お問い合せ欄)でもお受けします。

掲 示 板
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [保守用] [管理用]
おなまえ
県名   寺番   寺院名
Eメール
タイトル
コメント
暗証番号 (自分の投稿文を削除する時の暗証番号。英数字で8文字以内)
投稿No (セキュリティのため投稿時 投稿キー を入力してください)
文字色

永平寺の役寮について 投稿者:田舎の2等教師 投稿日:2008/10/28(Tue) 05:19 No.200   
お尋ねします。
永平寺の役寮になる基準は、あるのでしょうか?
それとも、縁故だけの事でしょうか?

先日、永平寺に団参をしました。
その際、坐禅と役寮さんの法話の時間がありました。
しかし、私どものお檀家さんには、大変不評でした。
あまりにも、程度の低い話だ、と。
尚、私は所要がありましたので、その話を聞いておりませんが、伝え聞くと・・・・

大本山の役寮さんというのは、何年以上の安居とか、布教師や梅花の資格、お寺での活動、そんな基準に合格しての役寮さんだと思いますが、実際はどうなんでしょうか?

会計不正問題のその後は? 投稿者:骨山住職 投稿日:2008/10/19(Sun) 12:45 No.196   
7月6日の「ご報告」で、民事訴訟の経過について



2008/07/06


「民事訴訟の報告」
1 平成20年7月4日午前11時から東京地方裁判所民事第14部において、第4回目の裁判(弁論準備手続き)が開かれました。
 相手方(被告)から、書証として陳述書等が提出されました。
2 次回は、間に夏休みが入りますので、少し先の9月1日午後3時からになります。
 主として、当方(原告)の法律論の主張を提出する予定です。


9月以降の民事訴訟の経過報告がされていないようですが、どうなったのでしょうか?

 刑事告発の方はその後どうなったのでしょうか?


Re: 会計不正問題のその後は? - 有道会広報 2008/10/20(Mon) 14:59 No.197
平成20年9月1日に東京地方裁判所において、第5回目の裁判が開かれました。手続は、前回同様に非公開の弁論準備手続として行われました。
当方(原告)からこれまでの主張を補充する第2準備書面を提出し、相手方(被告)から、「上申書」が提出されました。
次回は10月29日に弁論準備として開かれます。
相手方が被告ら両名の陳述書を提出する予定になっています。
なお、刑事については方針に変更はありません。ご報告できる段階になり次第お知らせ致します。


Re: 会計不正問題のその後は? - 骨山住職 2008/10/20(Mon) 16:39 No.199
問い合わせへのご回答ありがとうございます。

不正問題にきちんと対応し、故大竹明彦師がなさったことを含め、事実関係があきらかになり、不正を働いた者の責任を明確にし、今後不正の温床がなくなることを願っております。

いずれは、陳述書の内容も公開していただきたいと思います。いまだに宗議に居座っている人間が過去において何を行ったか、そして裁判でどう弁明しているのか、有道会会員のみならずすべての宗侶は関心を持っていると思います。


祖院について 投稿者:長野県寺院 投稿日:2008/10/14(Tue) 09:13 No.195   
祖院復興の勧募が始まりそうだ。
2月の議会で、有道会は登録有形文化財指定をもっての全面復興に対する疑問を表明されている。その通りと思う。これは嶽山会会員も説明に窮している。
有道会は議会に提案して否決され、そのまま傍観されているようにみえる。ぜひとも、総持寺にもたずねてほしい。

Re: 祖院について - 有道会広報 2008/10/20(Mon) 15:01 No.198
ご意見ありがとうございます。


宗門の体質改善について 投稿者:三木弘道 投稿日:2008/10/06(Mon) 20:30 No.193   
 徒弟制度は名ばかりで実態は親子相続 世襲化されている。宗門人はもとより檀信徒もそのことを強く求めている。私もそう思う。だとしたら地方に於ける本寺末寺は改正されたい。秩序云々を主張される方がいますが、世襲化された今日秩序を主張するほど秩序ある僧侶生活をしているだらうか?利権欲丸出しといったら叱られるでしょう。他宗門では地方に本寺末寺はなく大本山が総べてである。わが宗門も一日も早く分け隔てのない垣根のない同事の精神に鑑みた運営をして頂きたい。それには本末即ち上下関係から逸脱したまさに開かれた公平無私の宗門にして頂きたい。
 次に資格制度について 僧堂に安居したことにして教師資格を取得している住職が存在しているや否や 人権の問題もあり調査は難しいと思う。親とお金の力で資格取得をする それが堂々とまかり通っている。もしこれが命に係わる資格だったらたちまち社会問題いや犯罪行為となるであろう 僧侶は死んだお方が対象だから資格はいい加減でもよろしいでしょうか?
 以上二点について見解を伺います。真摯にお応え戴きたく低頭して懇願申し上げます。

Re: 宗門の体質改善について - 有道会広報 2008/10/08(Wed) 20:55 No.194
ご意見をありがとうございます。
有道会政策専門部会にご意見を伝え、真摯に対応いたします。さらにご意見をお願いします。
有道会広報


役員名簿 投稿者:有道会員 投稿日:2008/07/30(Wed) 20:43 No.191   
会長も変わりましたので、役員名簿も訂正変更したほうが良いと思います。

Re: 役員名簿 - 有道会広報 2008/07/30(Wed) 23:16 No.192
ありがとうございます。
更新いたします。
有道会 広報


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27]

自分の投稿文処理 記事No 暗証番号