お知らせ

| 前のページ | 始めに戻る | 次のページ | ホームページの表紙 |

原発事故と風評被害について
2011/04/28

東京電力福島第一原子力発電所の事故を受けて
短期間被ばくの致死線量

シーベルトとは「ある期間に被ばくした量の合計」をあらわす単位であり、1時間その場所で過ごした人が1シーベルト「被ばく」することになるという状態が「1シーベルト毎時(Sv/h)」です。

1シーベルト(Sv)=1000ミリシーベルト(mSv)=100万マイクロシーベルト(μSv)
人間は地球上のどこに住んでいても常に放射線を浴びています。世界で平均すると、人体は年間およそ2.4ミリシーベルトの自然放射線に常にさらされています。放射線を短期間(約1時間)に全身被ばくした場合の致死線量は、5%致死線量(被ばくした人の20人に1人が死に至る線量)が2000ミリシーベルト、50%致死線量が4000ミリシーベルト、100%致死線量が7000ミリシーベルトと言われ、200ミリシーベルト以下の被ばくでは、急性の臨床的症状は認められないとされています。

普通に生活していて1年間に吸収する放射線量の1000倍の量を1時間で吸収すると、20人に1人が亡くなる程度の危険性ということです。1シーベルトだと吐き気を感じる、2〜5シーベルトで頭髪が抜ける、3シーベルトを超えると30日以内に50%の人が亡くなる、とも言われます。「2.4ミリシーベルト毎時」であれば、普通に過ごしていて1年間に浴びる放射線量を1時間で浴びる、というレベルです。

大量の放射線は人体に有害ですが、微量なら人体に影響はありません。万一の場合を考えて、できる限りの対策を取ることは重要ですが、関東などに住んでいる人は「マイクロシーベルト」というのはとても小さな単位であるということを心にとめて、むやみに焦って行動しパニック状態におちいらないよう気をつけたいものです。

放射線被ばくと健康への影響の関係
100ミリシーベルト(10万マイクロシーベルト)を超えるとガンになる人が増加するとされています。「ガンになる人が増加」と聞くとドキッとするかもしれませんが、すべての人が高い確率でガンになるというわけではなく、発がんリスクが高まるという意味です。

「発がんリスクが高まる」と言っても、例えばいわゆる「発がん物質」というものを習慣的に摂取してもすべての人が発がんするわけではない、喫煙者の全員が肺がんとなるわけでなく、肺がんとなった人の全員が死亡するわけではないということを思い出して、必要以上に不安にならないようにしてください。

ベクレル(Bq)をシーベルト(Sv)に換算
ベクレルは1秒当たりで定義されている単位ですが、換算されたシーベルト値は体内に取り込んだ放射性物質が体内に存在している間に人体に影響を及ぼすと思われる線量。
例えば、ホウレンソウ1kgにヨウ素131が2000ベクレルあるとすと。
ベクレルの値にヨウ素131の実効線量係数(経口摂取の場合) 2.2×10-8 をかける。
2000 Bq/kg × 2.2×10-8 Sv/Bq = 0.000044 Sv/kg(Sv/kg は 1kg当たりのシーベルト)となる。これをミリシーベルト(mSv/kg) や マイクロシーベルト(μSv/kg) で表すと次のようになります。
  0.000044 Sv/kg = 0.044 mSv/kg = 44 μSv/kg

なお、摂取した放射性物質は時間とともに減少します。ヨウ素131の半減期は8日とされており、8日後には1/2、16日後には1/4に減少して行きます。

東日本大震災発生に関して
2011/04/04

宗令発行

下記の県について次の内容による宗令が発せられましたのでお知らせします。

発令 平成23年4月4日
該当県 
栃木県 茨城県 千葉県 福島県 宮城県 岩手県 青森県 
宗令 概要
@宗費納入について
 宗費等の納入告知は例年4月1日付けで行なわれますが、該当県の宗務所管内の寺院の宗費告知は、改めて通知するまで延期となりました。

A教区長選挙
 5月10日満了に伴う「教区長改選」は実施困難な場合は、現教区長を事務取扱とするなどの臨時の措置がとられました。
以上

宗議会議員選挙の結果
2011/04/01

第32区 の大本山総持寺系宗議会議員補欠選挙は
当選日 23年3月16日
当選人 北海道 第195番 定光寺住職
     大道光肇師
と確定しました。

大本山総持寺様の晋山式
2011/04/01

お知らせ
大本山総持寺
退董式 晋山式について
 大道禅師様 江川禅師様は 今回の大震災を深くご考慮され、それぞれの行事を簡素に執行されるようにご指示されました。 
4月17日(日)
大本山総持寺 江川禅師様晋山式
 参列者は 曹洞宗責任役員  審事院院長・副院長 審事及び監事 宗議会議員 曹洞宗宗務庁課長
 となりました。
 なお、退董式 は 前日挙行されます。
 管長就任式 は 6月20日 曹洞宗宗務庁で行なわれます。

大本山総持寺晋山式
2011/04/01

大本山総持寺様の江川辰三禅師の晋山式は次のように執り行われます。
4月17日(日)
午前8時30分 三門阿多のご到着
同 9時10分 仏殿 ご上殿 
同 9時40分 大祖堂 ご上殿
同10時30分 晋山開堂列上殿
同11時10分 上堂
同12時30分 東北地方太平洋沖地震被災物故者追悼法要
同13時30分 設斎

宗議会閉会
2011/02/25

第112回通常宗議会 審議をおえて閉会

 今議会では、23年度予算案審議とともに、宗制変更案の中で、副貫首選挙法の一部変更案が焦点とされていました。
 特に副貫首選挙は、有道会議員総会では、反対意見も出されて協議いたしましたが、最終的には根拠のある提案とされ、党議拘束をかけず議員の判断を認めることとして大筋で了解いたしました。
 内局からは「選挙規程第1条にある、永平寺及び總持寺を両大本山とし、宗団の和平と興隆を念願する曹洞宗宗憲の精神に則ることにあり、挙宗一致の立場を堅持したい」「禅師のご慈慮、当該本山のご意向も反映させたい」「現行規定の推薦人2人とは、本来両大本山の監院を想定し規定した選挙法である」等の説明がありました。
 選挙法改正案は、第1特別委員会に付託され慎重審議の結果、最終日の委員長報告により可決決定されました。

第112回 通常宗議会 開催中
2011/02/24

第112回通常宗議会速報 開催中

 平成23年2月21日から25日までの会期5日間の予定で、通常宗議会が招集され、平成23年度曹洞宗一般会計歳入歳出予算、宗制変更などの案件が提出され慎重な審議が続いています。

23年度予算案関係
●級階賦課金 1点161円 (22年度と同額)
●平成23年度 曹洞宗一般会計歳入歳出予算
 歳   入  50億8130万3000円 
 歳   出  50億8130万3000円
  ※ 歳入歳出ともに前年度比 1億2688万8000円増
(内   訳) 46億3120万3000円 歳出経常部総額
            ※前年度比 2978万8000円増
         4億5010万0000円 歳出臨時部総額
            ※前年度比 9710万円増

○予算歳出臨時部 の内容
大本山総持寺晋山式(法定聚会)関連経費を計上
峨山紹碩禅師650回大遠忌に向けて
企画委員会に専門部会を設置
 「宗門の未来像を構想する専門部会」

・管長就任式費として1460万円
・大本山總持寺貫首普山式祝賀として1500万円
・大本山總持寺貫首普山式法定聚会旅費1400万円
・峨山紹碩禅師650回大遠忌香資として1億5000万円(5年賦)
・曹洞宗企画委員会専門部会費として1000万円
・曹洞宗宗勢総合調査費として1900万円
・全国曹洞宗青年会補助費(全日仏青関係)として500万円 (2年賦)
・大蔵経テキストデータベース事業支援補助費として600万円
・国際シンポジウム開催補助費として200万円
・シャンティ国際ボランティア会設立30周年記念事業補助費として100万円
・駒澤大学特別振興補助費として1億円
・大本山總持寺祖院災害復興支援負担金として1億5000万円(総額15億円 第4年度分) 
・駒澤大学竹友寮建設補助費として5000万円(総額4億円 第5年度分)
・世田谷学園特別振興補助費として4000万円(総額2億円 第5年度分)

●宗制の主な変更
  副貫首選挙選挙 規程変更を提案

○曹洞宗寺院規程中一部変更
 寺院規則変更承認申請書の添付書類の整備を図るため変更。
○曹洞宗寺院住職任免規程中一部変更
 管長猊下による特命手続きの義財の取り扱いに関し、納付などについての整備、並びに、後任候補登録者の失格事由の変更。
○曹洞宗宗務所規程中一部変更
 事務所の所在地を事実上定置化している宗務所がある実情に即し変更。
○曹洞宗選挙規程中一部変更
 副貫首選挙候補者の立候補条件を「選挙人2人以上の推薦を得なければならない」から、「当該大本山の責任役員・干与者の3分の1以上の推薦を得なければならない」と変更。
○曹洞宗僧侶分限規程中一部変更
 僧階の昇等についての申請手続きを明確にするための変更。
○曹洞宗経歴審査会規程中一部変更
 経歴審査の申請方法の明確化を図るための変更。
○曹洞宗財務規程中一部変更
 新設寺院等、臨時の査定手続きの明確化を図るため、字句を整理。
○曹洞宗教化センター規程中一部変更
 教化センター布教師任命条件を「1等教師以上の教師」から「令命2等布教師以上の布教師等級を有する1等教師以上の教師」と変更。
○曹洞宗宗務庁文書及び公印規程中一部変更
 宗教法人「曹洞宗」代表役員の法務局登録印新調にあたり変更。

第112回通常宗議会を開催
2011/02/21

第112回 通常宗議会開催 速報
期間 平成23年2月21日(月)より25日(金) の予定

佐々木孝一宗務総長 23年度執行方針を表明
人権・環境・平和
 スローガン「向き合う・伝える・支えあう」を提唱
「宗門の将来像を構想する専門部会」を設置
 教化、宗制、予算すべて検討し未来像を検討する
 23年度予算案
   一般会計予算額 50億8千130万3千円
   臨時部
 新設  峨山紹碩禅師650大遠忌香資 1億5千万円
                     5年賦 各年3千万円
    シャンティ国際ボランティア会 設立30周年記念事業に補助

訃報
2011/01/05

訃報
元審事院 院長 
埼玉県第2宗務所203番 養寿院住職 金剛秀房老師
 平成23年1月1日 ご逝去されました
 心より哀悼の意を表します
 葬儀 通夜 1月7日 午後5時より
     葬儀 1月8日 午前11時より
 会場 養寿院

第32区選出 宗議会議員 元議長
 北海道第3宗務所 第217番 法龍寺住職 加藤俊雄老師
 平成23年1月3日 ご逝去されました
 心より哀悼の意を表します
 葬儀 通夜 1月10日 午後5時より
     葬儀 1月11日 午前9時より
 会場 法龍寺
       以上  謹んでお知らせいたします。

参議 内局員
2010/10/21

10/19 曹洞宗参議選任
大本山永平寺貫首御選任
 参議 羽仁素道 群馬県 龍華院住職
大本山總持寺貫首御選任
 参議 岩田啓靖 山口県 大寧寺住職

10/21 曹洞宗部長任命 任期2年
教学部長 河村松雄 奈良県 瀧巌寺住職
伝道部長 齋藤裕道 山形県 総穏寺住職
人事部長 中野重哉 神奈川県 宗興寺住職
出版部長 石川順之 京都府 詩仙堂丈山寺住職
教化部長 釜田隆文 三重県 養泉寺住職
総務部長 坂野浩道 静岡県 最勝院住職
財政部長 神野哲州 愛知県 地蔵寺住職

| 前のページ | 始めに戻る | 次のページ | ホームページの表紙 |